×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


柘植駅

柘植駅についての説明

駅員さん 便所 公衆電話 携帯電話 待合室 自販機 近辺の観光名所
終日有人 有り 駅前に有り 草津線ホームにのみ有り 有り。
飲み物。
余野公園
白藤の滝
芭蕉公園


関西本線と草津線の乗換駅の役割を果たしています。
駅が開業したのは1890年2月19日で、木造の風情ある駅舎です。
草津線、関西本線ともにそこそこ本数も多く、乗客も乗り換えをするお客さんが多いです。

柘植駅舎です。
木造で、いい感じです。
(しかも瓦屋根ですしね。)
柘植駅入り口です。
ここは自動改札はありません。
昔風?の改札口です。
いや〜田舎のこぉいう駅っていいですよね〜。
柘植駅列車案内表です。
やはりパタパタですね。
ここは急行「かすが」以外はすべて普通列車です。
関西本線、加茂・奈良方面行きのホームです。
2両などの車両しか来ないのに、結構ホームは長めです。
少し縦長になってしまいました(笑)
これはポイント関係のものでしょうか?
こんなものまでホームにあります。
(都会の駅なら確実に何者かによって破壊されそうですよね。)
柘植駅唯一の優等列車、
急行「かすが」です。
この列車は名古屋〜奈良を結んでいます。
詳しくはJR西日本車両館へどうぞ。
柘植駅に入線しているキハ120系です。
この列車はさほど本数がないので、1列車の乗客の人数は多いです。
(こちらも詳しくはJR西日本車両館へ)
柘植駅に停車中の113系です。
こちらは草津線のホームですね。
こちらはそこそこ本数もあるし、乗客もそこそこ多いです。
柘植駅で唯一の電車です(笑)


柘植駅は奈良、三重、滋賀方面への通勤、通学圏になっているようで、意外と乗客は多いです。
改札は自動ではありませんので、ICOCAは使えません。
券売機もございませんので、普通の乗車券を買うにも駅員さんに言わなければいけません。

駅前には、よく分からない建物(住宅?)やマンションなどが建っています。
(たしか、電信柱にゴルフ場のことも書いてあったような・・・)
ここもなかなかいい雰囲気の駅でしたよ。
ここも、撮影するには来る車両が少ないのであまりオススメできません。